広島県の働く女性応援よくばりハンドブックが炎上した本当の理由は?欲張りがうざい?


広島県が作成した【働く女性応援よくばりハンドブック】の内容に批判がさっとして炎上していると話題になっています。

女性のために作成し無料で配布されるという太っ腹な企画なのに

ハンドブックの内容のせいで炎上だなんてもったいないですよね!!

なぜ炎上しているのでしょうか?そしてハンドブックのどの部分が炎上しているのでしょうか?

この記事では、【働く女性応援よくばりハンドブック】の内容と炎上している本当の理由についてまとめてきます。


目次

広島県の働く女性応援ハンドブックが炎上した本当の理由は?

一見とても有益に思えるハンドブックですがどこに批判が集まっているのでしょうか。

なかでも、ハンドブックの名称と中身(第二章の『仕事と家庭の両立』)に批判が集中しています。

批判しているのは当事者の女性、特に実際子育てをしている方が多いように感じます。

炎上理由①ママたちばかり配慮しなくちゃいけないの?

問題の部分はこちらです↓

働く女性を取り囲む人たちの本音?!が書かれており、それに対する対処法、気をつけないといけないことを先輩ママがアドバイスしてくれています。

この部分のワードにみんな引っかかっているみたいです。

上司の本音について

時短や休日出勤免除のため他の人に負担がかかる?経営状況も考えてほしい?

マネジメントは上司であるあなたの仕事です。

女性が子供を産むことを考慮してマネジメントするのが当たり前なのでは?

なぜ子供を生む女性が気を使って経営状況まで考えなきゃいけないの?

パパの本音

仕事で疲れている⇒ママだって同じです

夜泣きを我慢してる⇒我慢?!?ママは必死に寝かしつけています。我慢してるなんて論外です。

手伝ってる⇒あなたの子供ですよね?手伝うってなんですか?

 

大まかにまとめると、こういう意見が多かったです。

そんなの言われなくてもわかっているのにわざわざ指摘されるとイラッとしちゃいますよねw

私自身女性なのでどうしても女性よりの目線になってしまうのですが、女性って出産後はホルモンバランスが崩れがち+寝不足で自分が自分じゃない状況になっちゃったります。女性が周りの人にこんなに配慮して生活しないといけないのでしょうか?

時短とか、急な休み(子供の体調不良による)が当たり前に受け入れてもらえる世の中になってほしいな…

このページに対するみんなの実際の意見

  • パンフにあるパパの「手伝う」ってなんですかね?  ママが主にやっていて当たり前みたいな。。絶望ですね。子供はパパの子供でもあるので、手伝うじゃなくて、「やる」でしょ。
  • なに?一緒に子供を作った人に『手伝ってもらう』?『お願い』する?
  • 行政から、ワーママは全ての方面に気を遣えなんて冊子が出るなんて信じられない。言われなくても気を遣ってぺこぺこしてる。違和感感じながら。 旦那も手伝いとか、何で完全に外野なの? もっとワーママが安心して働ける社会を作るのが行政の役割じゃないの?
  • 子育ても、働くことも、罪だからそんなに周りに遠慮して働かなきゃダメってことですか?応援なら、ママへの配慮を促すBookを作った方が本当の応援になりませんか?そんなに子育てだけしとけって思ってるんですね、、
  • 【ワーママの心構え】って内容ヤバすぎ。同僚の気持ちはわからなくも無いけど、上司の発言はそれはあなたの仕事でしょ!だし、父親の発言は論外過ぎてアレ?この子は誰の子?だし、祖父母発言も四半世紀も過ぎると忘れてるのかな?昔は地域の人が助けてくれたでしょ?でとにかくヤバい、広島ヤバい
  • よ、夜泣きを我慢て… 私の周りではそんな父親絶滅危惧種。 作った人たち、1週間くらい小児科見学してほしい。診察でも予防接種でも父親が連れてきているのが珍しくない時代です。 職場では40代男性社員が保育園のお迎えのため定時上がりとスケジュールブロック。それに違和感持たない時代です。

この意見は全員女性からの意見です。怒りが止まらない様子…

行政の方、きっと何度も推敲してこの冊子を作っていると思うので、それを考えるとずれていることに気づいてない事自体に怒りが湧いてくるようです。

炎上理由②よくばりって何?!

ハンドブックのタイトルにも入っている「よくばり」というワード。

冊子の中でも使われています。問題の部分はこちらです↓

仕事も暮らしもどっちも欲張っちゃおうという内容なのですが…

女性が仕事も家庭も両立ってよくばり何でしょうか…?

このページに対するみんなの実際の意見

  • 「よくばり」なのは女性ではなく男性なのでは?
  • 欲張るとは、、、必要以上に欲しがる。度をこえて欲しがる。 適切な言葉ですか? 当方、育児と仕事をしている主婦ですが、それを“欲張り”と言われるのはとても悲しい気持ちです。
  • 欲張りなんじゃない。 1馬力じゃ家計が成り立たないから、必要不可欠で働いてるんだ。
これは言葉のチョイスが悪いですよね。
きっと作成側は気に留めていないんだと思いますが、【欲張り】ってワード、結構ネガティブワードです。
しかも、家でも職場でも自分の時間なしに必死に働く人に対して欲張りって…なんだか言葉選びが安易すぎじゃないですか?
働きなくない。何もしたくない。
でもお金はほしい。自由もほしい。
これが本当の欲張りなんじゃないですか?!

その他の意見

  • 自分のこともを育ててイクメンって意味分かんない
  • これ、全国的の皆さんに広がると良いですね。 広島には住んではいけないと、皆さんに認識していただけます
  • 息子にはこれを読んだらちゃんと「違和感」「怒り」を感じられるような男にしっかりと育てようそして広島には行かない。。
  • 働く環境整えて周囲の人がママに気を配るならわかるけど、ママが配慮するっていうのは、広島県の行政の頭の古さを感じますね。行政の人だけじゃないんでしょうね、こんなパンフが通ったくらいだから
  • 働く男性バージョンもあるんですよね?

女性ばかりではなく、男性用のサポートブックがあってもいいですよね。

この冊子には不妊の助成金についての情報もあるんですが、すべての申請を女性がする必要ないですし、産後大変な思いをしているママをどうサポートすればいいかのハンドブック作ってください←

広島県の働く女性応援ハンドブックの内容は?

とはいえ、批判的な部分ばかりじゃないんです。

このハンドブックの目次は下記のとおりなんですが

  • 第一章『知っておきたい!基礎知識』
  • 第二章『仕事と家庭の両立』
  • 第三章『これから働きたい女性へ』

最初の4ページには広島がとても『女性の活躍』を期待していて【働き方改革推進・働く女性応援会議ひろしま】というものを結成し、経済団体・労働団体・金融機関・行政が一致団結し

『女性の働きやすさ日本一』

をめざしているという内容が書かれています。

サポートしたいという気持ちはあるのです!!!

妊娠がわかったあとの必要手続きや妊娠中に利用できる制度の説明から始まり、

知らなかった制度や法律が出てきたりなんかでためになります。

不妊に関する助成制度についても詳しく書かれており、これ1冊持っていれば申請漏れして損しちゃうなんてことがないだろうなと思うので

この冊子自体は利用価値があると思います!!

まとめ

広島県が出した働く女性応援ハンドブックについてまとめていきました。

問題がある章は一部のみで他の章は妊娠したらやらないといけないことをまとめていたり、制度をまとめてくれているのでとっても役に立つと思います!

ネットで色々調べるのは色んな情報があり大変ですし、地域によって制度も違いますからね。

この1冊持っていれば疑問が解決する!というのは嬉しいサービスです。

個人的には、問題になっている章を改善してこのハンドブック自体は続けていってほしいと思います^^

 

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる